以前からあるホワイトニング

歯科で行うホワイトニングの他に、以前からあるホワイトニングで重曹を用いた方法があります。

重曹

 

重曹は掃除に使われクレンザーの役割をします。
その原理と同じで歯の表面の汚れと着色を研磨作用により落としていきます。

直接重曹を塗布して歯磨きするよりも、ハッカオイルやグリセリンと混ぜペースト状にして歯磨き粉のように使用した方が効果は高くなるそうです。

しかし、クレンザーの役割をする重曹を歯のクリーニングに使用すると歯の表面や歯茎が傷つく心配の方が大きいです。
現在は薬効のよい歯磨き粉がたくさん普及しています。

そちらを使用した方が歯茎や歯に優しく汚れが落とせます。
重曹を用いた方法は厳密にいうと、歯を白くするホワイトニング効果はありません。

バナナの皮

 

バナナの皮で磨くという歯を白くする方法も以前からあるホワイトニングの一つです。

方法はバナナの皮の内側で、歯を1分程磨きます。そのまま10分程放置し歯ブラシで歯を磨くという方法です。
原理は、バナナのフルーツ酸や皮に含まれるカリウムが歯の表面に付着したステインを分解するそうです。

バナナは体に良い食べ物なので歯へのダメージも少なく、バナナを食べるときに行えばコストもかからない方法だと言われています。

残念ながらバナナの皮で多少は綺麗になるかもしれませんが、歯の内側から白くなるホワイトニング効果はありません。

その他のホワイトニング

その他、歯のマニュキュアや歯の消しゴムのホワイトニングがあります。

消しゴムは表面の汚れを落とすだけですし、マニュキュアは一時的なもので表面に塗るだけです。
またホワイトニングジェルや美容液があります。

成分をみると少し汚れを落とす効果と、歯に光沢を持たせ綺麗に見せる効果がありますが、ホワイトニング効果は低いのです。

色々と工夫されホワイトニング効果を期待すると思いますが、「ホワイトニング=ブリーチング」です。

過酸化水素または過酸化尿素が入っていないと歯科医院で行う内側から白くなるホワイトニング効果は薄いのです。

ただし、ホワイトニングは審美歯科なため、保険が適応されず高価格になります。


お安く通販や市販で売られているセルフホワイトニングを利用する場合は医薬部外品など、厚生労働省で効果が認められているホワイトニング商品を使いましょう。

医薬部外品【薬用】ちゅらトゥースホワイトニング

また、ホワイトニングだけでなく、虫歯予防、歯周病予防、口臭予防も大切です。
表面上のきれいさだけでなく、健康のためにもしっかりと口周り対策をしたいですね。

 

以上、以前からあるホワイトニング…でした。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。