口臭の原因は6つの理由。ちゃんと考えて対策練りましょう。

口臭予防、口臭対策するにしても、原因知らないと対策できないですよね。
いろんな分類がありますが、大きく分けて「口」と「内臓」が口臭原因です。口周りの口臭が90%と言われています。
ここでは、6つに分けて考えてみましょう。
  1. 生理的口臭
  2. 唾液の減少によって発生する口臭
  3. 食事の内容によって発生する一時的な口臭
  4. 舌苔
  5. 虫歯や歯周病などの、お口の病気によって発生する口臭
  6. 体調不良や消化不良、便秘など、臓器の不調によって発生する口臭
    歯周病関連の記事もご参照ください。

 

 

生理的口臭

治さなくていい口臭です。この種の口臭で「くさい」と言われたら、すでにアナタの存在が嫌われているのかもしれません。関係改善したいのなら、日頃の行いを反省して、パートナーや周囲の人との良い関係を築きましょう。

起床時の口臭、加齢的な口臭、空腹時の口臭、ストレス時の口臭などです。あまり神経質にならないようにしましょう。

女性で言えば、周期的な口臭、月経時に口臭、妊娠時の口臭、更年期の口臭などが当てはまります。

 

唾液の減少による口臭

唾液の役割は大きいです。

  • 口腔内を清潔にする
  • 細菌の繁殖を抑える
  • 粘膜を乾燥から保護する

寝ている間は唾液の分泌量が減るので、朝起きるとどうしても口臭が顕著に出てきます。朝起きたら、うがいをして、ばい菌を洗い流しましょう。それに口の中がスッキリします。

また、お腹が空いている時、緊張している時はストレスを感じているので、唾液の分泌量が少なくなります。

その結果、口が臭くなります。ドライマウスとも言われます。

 

食事の内容で発生する口臭

子供のころ、親が酒を飲んできたときのアルコールのニオイが嫌いでした。
今でも、それほどアルコールをたしなむことは少ないのですが、我が家では飲酒するのはワタシだけです。アルコールを摂らないものからすれば、多少のお酒でも結構、アルコール臭がするようです。

お酒が嫌いな人もいますので、アナタも気をつけてください。

食べ物の口臭も結構ありますよね。ニンニクなどは典型的な臭いです。

一時的に臭いを消したい時はタブレットなどを持ち歩いて、上手に緩和してください。

上記の3つであれば、解消法は比較的簡単ですよね。なので、説明も簡単にしました。(笑)

 

舌苔の口臭

 

文字通り「舌の汚れ、コケによる口臭」です。ゼッタイと読めない方も多いのではないでしょうか。(笑)口の中のニオイ原因で一番多いのがこれです。約60%と言われています。

 

虫歯、歯周病などの口臭

虫歯であれば、早く歯科医に行ってください。口臭も早く取れる可能性があります。歯周病の口臭も歯科医です。

こちらの歯周病記事を読んでください。

【内臓由来の口臭を日常からケアしましょう】

唾液が少なくなったと感じたら

  • ガムや飴で唾液を増やす
  • 臭いの強い食材を使った食事を控える
  • 歯磨きを正しく行う
  • 歯の定期健診に通って歯の健康を保つ

など、1~5の口臭の原因は改善に取り組みやすいのです。

6つめの臓器由来の口臭は、体調を整えたり、腸内環境を常日頃から整える必要があり、毎日のケアが特に改善の鍵といえます

 

今回はこの臓器由来の口臭改善に役立つ、今話題の口臭サプリをご紹介します。

始めやすく、続けやすいのが特徴です。

「口臭サプリってホントに効くの?」

「サプリメントってたくさんありすぎるから、どれを選べば良いかよく分からない…」

そんな皆さんの疑問にも答えていきたいと思います。

キレイな息で、皆さんの人生が一層輝きますように!そんな願いもこめて、おすすめの口臭サプリをご紹介していきますよ♪

売れ筋の口臭サプリはこちら

心理的口臭について

口臭でない、または少ないのに、「口臭のせいでひとから嫌われている」、「口臭の影響で恋愛ができない」など、口臭で敏感になっている方がいます。

「そんなに神経質にならないで」と言っても、解決策にはなりません。心理的な障害をひとつひとつ取り除いていくしかないと思います。気長に鈍感力を身につけることも大事ですね。

自分で解決できない場合は神経科で受診を検討しましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。