歯周病とは?歯周病対策は必ず歯科医で受診です。

歯周病についてできるだけわかりやすく、専門用語を交えながらお話しします。
「口臭があるかも?歯周病かな?」と感じたら、まず歯科医で受診してください。今は、歯科医の競争も激しいので、患者さんに丁寧な歯医者さんしか生き残れません。

きっとあなたの悩みを解決してくれるはずです。

自己流ケアで悪化する前に!口臭治療

以下の記事は歯科衛生士が書いています。

歯周病とは

歯周病とは細菌の感染によって起こる炎症性の病気です。

ブラッシング不足で歯石がつき、そのままにしておくと、歯周ポケット内に歯石が入ります。
そして炎症を起こし、進行していくと歯茎の下の骨、歯槽骨が溶けていく病気です。

歯槽骨は、歯を支えている土台なので骨が溶けていくと歯がグラグラして、いずれは抜け落ちてしまいます。
歯周病は自覚症状が出づらく、自分で症状に気づいた時には、手遅れのケースが多い病気です。
歯周病は重度になると、歯茎から膿が出るので、昔は歯槽膿漏と言われていました。

歯周病の原因

口の中にはたくさんの細菌がいます。

普段は悪いことをしませんが、ブラッシングが不十分でプラークが取り除かれないと、虫歯や歯周病を引き起こします。

プラークは、歯にくっついたままだと硬くなり、歯石に変わります。プラークは歯ブラシで除去できますが、歯石になると歯ブラシでは除去できません。

そして、歯石の周りに細菌が入り歯周病を進行させ、歯茎の中にも歯石を作ります。
歯茎の中入った歯石は、嫌気性菌といって非常に悪さをする歯周病菌です。

歯周病を進行させる原因は

  • ブラッシング不足によるプラークと歯石
  • 歯ぎしり、くいしばり
  • ストレス
  • 喫煙
  • 全身疾患(糖尿病、ホルモン異常、骨粗鬆症、)
  • 不規則な生活と、食生活
  • 合っていない、歯の被せ物や入れ歯です。

アナタに当てはまる原因がありますか?

歯周病の対策

まずは、歯石を取り除くのが一番です。
歯科医院でクリーニングをしましょう。歯科医師・歯科衛生士よるスケーリング(歯石除去)で、歯茎の中まできれいにしてもらいましょう。

歯科医での定期検診が大事

定期検診もとても大切です。

痛みが無く、問題がなくても定期検診を受けましょう。
自分では取りきれない汚れが必ずあります。

そして、上記に述べた原因がある場合は、できるだけ除去しましょう。

喫煙は、歯周病の大敵です。歯周病の治療を行ったとしても、喫煙により毛細血管が収縮して血流が悪くなり、治りも悪くなります。

不規則な食生活も良くないので、生活面も見直しましょう。お口の中の健康は、体全体の健康につながります。

歯周病の治療法(歯科医)

歯周病は歯周ポケットの深さを計り、軽度・中度・重度と診断します。
歯周ポケットが深ければ深いほど、進行しています。
歯周病は進行具合によって、治療法が異なります。

  • ブラッシング指導
    適切な歯ブラシと、補助的清掃用具(歯間ブラシ、デンタルフロス)を用いてブラッシングを行います。
  • スケーリング
    特殊な器具を使い、歯茎の上や歯周ポケット中の歯石を除去します。
  • ルートプレー二ング
    特殊な器具を使い、歯周ポケットの深い部分に付着した歯石と、汚染された歯の表面を滑らかにキレイにします。
  • 歯周外科治療
    歯周病が進行した場合、歯茎を切開して歯の根元に付着した歯石を、目で確認しながら除去します。
    また一緒に、悪くなった歯茎を除去する場合があります。
  • メインテナンス
    治療が終わった後も、こまめにメインテナンスを行います。

①歯周病の検査方法

 

・精密検査
歯周ポケット内に、器具を挿入して深さを測ります。
この、数値をみて進行具合を確認します。
歯周ポケットが深かいほど、歯の周りの骨が溶けて歯周病が進行している事になります。

  • 顕微鏡で確認
    高精度の顕微鏡を使用して、お口の中の細菌の種類や量を確認します。
  • レントゲンで確認
    精密なレントゲンで骨の溶け具合を確認するため、デンタル撮影という方法で小さいレントゲンを10~14枚ほど撮り確認します。
  • 歯の動揺度検査
    ピンセットで歯をつまみ動かし、歯の揺れ具合を診ていきます。
    揺れが大きいほど、骨が溶けているので歯周病が進行している証拠です。
  • プラークチャート
    患者さんがどれだけ磨き残しがあり、プラークが残っているか表に書き込んで記録します。

②歯周病治療の流れ

1)問診

2)検査をして診察診断
・歯周病の進行具合を診断します。
・治療のプログラムを説明します。

3)プラークコントロール
・磨き残しのチェックをします。
・患者さんが正しくブラッシングできるように指導します。

4)スケーリング・ルートプレーニング
・歯石を除去します。回数を分けて行います
・スケーリングを繰り返しているうちに、歯周ポケット内の歯石も取れるようになり
ます。ポケットの深い部分の歯石を除去し、汚染された歯の表面を滑らかにキレイ
にします。

5)再評価
・歯周病が治ったか、または進行が遅くなったか、もう一度検査して確認します。

6)歯周外科処置
・歯周病が中度、重度で進行が止まらない場合は歯周外科処置をします。
・全ての歯周病の患者さんが、行うわけではありません。

7)再評価
・進行がひどく止まらない場合、残っている歯にも支障をきたすため、抜歯になることがあります。

8)メインテナンス

③歯周病の種類

・歯肉炎
清掃不良により、歯茎に付着したプラークが原因で起きます。

・成人性歯周炎
30代くらいから始まり、ゆっくり進行していきます。
歯周炎で最も多く、慢性辺縁歯周炎とも言われています。

・若年性歯周炎
健康な10代から20代で起こる、若年者の歯周炎です。

・急速進行性歯周炎
20~30代に起こる歯周炎で、早いスピードで歯を支えている骨が溶かされていきます。

・咬合性外傷
一部だけ強く噛み合わせが起こる場所や、歯ぎしり・くいしばりがある場合に起こります。
歯に大きな力が加わり、歯が揺らされて歯周ポケットが深くなり、歯周病が進行します。

 

④歯周病治療の費用

・軽度の場合
検査に2000~3000円かかり、スケーリング(歯石除去)に1回1000~2000円かかりま
す。スケーリングは、何度かに分けて行います。
回数にもよりますが、トータル6000~11000円です。

・中度の場合
検査、スケーリングは軽度と同じです。それにルートプレーニング(歯周ポケットの深
い部分の歯石取りと、汚染された歯の表面を滑らかにする)が加わり、来院回数も増えま
す。
大体トータルで、10000~50000円です。
また、歯周外科処置をした場合は3000~20000円加わります。

・重度の場合
検査、スケーリング・ルートプレーニングを行い、軽度・中度よりも来院回数が増えます。歯周外科処置も加わり、トータルで30000~100000円です。

 

以上、歯周病について解説してみました。

歯周病対策・口臭サプリ(市販)

上記の内容が歯科医での歯周病対策、歯周病治療の要約となります。自分で勝手に判断しないで専門医に見てもらうのが一番です。

しかし、仕事で忙しい方、予定が決まらない方などは定期的に歯科医に通院することが難しい方もいらっしゃるでしょう。

根本的な解決策ではありませんが、口臭は受ける側からすればかなり不快なものです。
自分では気づかないのが口臭です。

エチケットとして、口臭サプリの携帯も必要な時があります。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。