ホワイトニングとクリーニングの違い

この記事は歯科衛生士が書いています。

 

白い歯が注目される現代、歯のホワイトニングとクリーニングが混合されている方も多いと思います。

簡単に言えば、歯の漂白がホワイトニングで、歯のお掃除がクリーニングです。

歯のクリーニングは保険治療の範囲で行えますが、ホワイトニングは保険外治療になります。

 

ブリーチング効果がないのに「ホワイトニング」と掲げて、エステサロンやネット販売などで様々な商売が行われています。

「安い」・「簡単」・「手軽」などの言葉に騙されずにホワイトニングを検討しましょう。

また、歯科医院で診察を行った後、自宅でホワイトニングを行う、ホームホワイトニングがあります。

市販で販売されているホームホワイトニングと称される商品は、主にネットで販売していますが、実際は歯科で言うホワイトニングほどの効果はありません。

医薬品である高濃度の酸化水素などが、市販の商品では法律上使用できないからです。

 

ホワイトニングとは

ホワイトニング
歯科業界では「ホワイトニング=ブリーチング(漂白)」の事で、歯を削らず薬剤を使用し歯の内側から白くします。

ホワイトニングの実務

ホワイトニングは漂白の事ですから、歯の内側から白くしていきます。

方法は自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院へ来院して行うオフィスホワイトニングがあり、両者を併用したスペシャルホワイトニングのデュアルホワイトニングがあります。

審美歯科の範囲なので、どれも保険適応外になります。

料金は高くなりますが、元の歯より白くしたい場合はホワイトニングがお勧めです。

方法は、料金やライフスタイルによって選ぶことができ、すべて歯科医師・歯科衛生士により安全に行うことができます。

クリーニングとは

クリーニング
クリーニングは、歯の表面の汚れを落とし綺麗にすることです。
超音波スケーラーやハンドスケーラーで歯石の除去を行います。

クリーニングの実務

歯石は一度できると歯垢(プラーク)と違い除去できないので、歯科医院の機械や器具を用いて行います。

クリーニングの中には歯科医師・歯科衛生士が行うPMTCがあります。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で簡単に言うと歯科医院にてプロにより、専用の器具を用いて行うクリーニングの事です。

 

歯に蓄積する歯垢や着色を除去し、バイオフィルムまで取り除きます。

さっと器具を用いて行うクリーニングするよりも、PMTCが断然お勧めです。

PMTCでは、歯茎の溝の中まで超音波により掃除をし、バイオフィルムを破壊します。

汚れを除去した後はポリッシングと言い歯の表面を磨いていきます。

PMTCが終わった後の歯は驚くほどツルツルしていて、お口の中の爽快感が違います。かなりの差に驚く人が多いのです。

クリーニングは歯の表面を滑らかにツルツルにさせるので、汚れが付着しにくくなります。

汚れが付着しにくくなると虫歯予防にも効果的ですし、歯石もできにくくなります。また歯茎の溝まで掃除をするので、歯周病予防にも効果があります。

歯科のクリーニングは、歯の健康を守る目的で行われるのです。

 

以上、ホワイトニングとクリーニングの違いでした。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。